2006年05月30日

TOEFL ESSAY 攻略法!?

TOEFLライティング5.5をとった報告者1号が、その勉強法を紹介します!
(そもそも5.5って自慢できる点数かしら・・・今回はマグレかもしれないし・・・信用できないアナタは読み流してください。)

まず、使用した教材たち。

1.TOEFLライティングCD-ROMコース
まったくの初心者にはよいかもしれません。
エッセイとは?どのように書けばいいのか?などをビデオ解説+練習問題で問題パターン別に丁寧に教えてくれます。
最低4.0が取れるように、とのことで、私はこれをやったおかげか、初回から4.0は取れました。

2.TOEFLテストライティング・ゼミ
1.と同じプリンストンレビューが出している本。
内容も基本的に1.と同じで、もっと簡単にまとめたかんじ。
1.は高いので、お金のない人はこちらで勉強するのがいいかもしれません。
3.もいいのですが、やっぱり日本人には日本語で書かれた教材のほうがいいよね〜。

3.Barron's How to Prepare for the Toefl Essay
有名な本ですね。これが一番参考になったかもしれません。
エッセイ全トピックの解答例が載っているので、とても参考になります。
ただ、この解答例をそのまま真似して書くのはまずいらしいです。当たり前か。

4.Delta's Key to the Toefl Test
本番に近い形でライティングの練習ができるのでよいです。
ちゃんと30分も計ってくれて、本番同様に時間になると強制終了。
私はこの本番さながらの練習をするのが死ぬほどイヤだったので、結局数回しかやりませんでしたが。。。


合計5回受験しましたが、最初の3回は1.のビデオを見て、少し練習問題をやって、2.を読んで、3.の解答例を少し読んだ程度。
で、いずれも4.0。

やっぱり読むだけじゃあまり頭に入らないんだな〜。
わかった気になるんだけど、本番になると英語独特の言い回しとか、全然浮かんでこないし。
悩んでいるうちに最初の10分とか平気で使ってしまって、少ししか書けませんでした。


やっぱり、TOEFL ESSAY はたくさん書いてナンボ!!

ということで、私が採用した方法。


まず、報告者1号はタイプ速度が遅かったのです。
その上タイプミスも多い。。。

なので、タイピングの練習と、エッセイのパターンに慣れるって意味をかねて、Barron's How to Prepare for the Toefl Essay の解答例をひたすら引き写す練習をしました。

ホントは毎日1問とか、自分で考えて書いてみるのがいいのかもしれませんが、何度も言っているように、報告者1号はコレが死ぬほどイヤ!
毎日やってたらたぶんもう死んでます!!

この引き写し練習でも、かなり効果があったと思います。
ネイティブっぽい表現をいろいろ学べますし。
やっぱり読んだだけと実際タイプしてみるのとでは定着率が違うのではないかと。


それから、雛形作り。
私は英会話の先生に添削してもらいながら作りました。

やっぱりエッセイにはパターンがあるのですよね。
例えば、Do you agree or disagree with the folloing statement?といった問題の場合。

○○という考えを反対する人もいる。しかし私は○○という考えに賛成だ。なぜなら(理由1)、(理由2)、(理由3)だからだ。以下、詳しく説明する。

まず最も重要な理由は(理由1)である。・・・もうちょっと詳しく説明・・・。

さらに(理由2)である。・・・もうちょっと詳しく説明・・・。

最後に(理由3)である。・・・もうちょっと詳しく説明・・・。

以上3つの理由から、私は○○という考えに賛成する。(理由1)、(理由2)、(理由3)なのである。もちろん、反対する人がいるのももっともだ。でもやっぱり私は○○に賛成する。


てなかんじ(例が日本語ですいません)。

読めばわかると思いますが、イントロと結論はほぼ同じ。
多少言い回しを変えるだけです。

よく見ると、理由付けのパラグラフ3つも基本的に同じことをちょっと詳しく説明して繰り返すだけ。
こうでもしないと30分では書けませんから。。。

あと、「以下、詳しく説明する」みたいな文章は、どの問題にも使えてワード数を稼げるので、必ずあらかじめ準備しておいて、本番は何も考えずにかけるようにしておくべきです。

とにかく3分以内に3つの理由を考えて、あとの27分はひたすら書き続けました。
本当は見直しすべきなのですが、たいていは時間内に書き終わらなかったので、ほどんど見直しはできませんでした。
それでも5.0〜5.5はとれるものです。


結論:やっぱり質より量!!

いかがでしょう〜。

★お願い★
この記事が役に立ったと思ったら、
ランキングクリック!お願いします!!
posted by 報告者1号 at 22:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18622025
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

いよいよっっ!!TOEFLiBT
Excerpt: AllAboutで、TOEFLiBTの日本での実施が発表された旨の記事が掲載されています。ここから読んでね第1回実施は7月15日(土)、まずは東京・横浜・京都・大阪・福岡・長崎の6都市で行なわれ、徐々..
Weblog: 海外留学で語学プラスαをマスター!
Tracked: 2006-07-05 22:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。